忍者ブログ
~青二才徒然~コメント時PASSは空欄でOK
1  2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sicks.jpg
花吹雪幻覚を
見てたような毎日
花吹雪花吹雪
風の中を泳げ

この時期になると必ず思い出すフレーズ。
別に、悲しいわけではない。
寂しいわけではない。
あの時の誰かが、具体的にイメージできるわけでもない。
PR
実家のPCを居間へ移動。
如何わしい画像・動画・ショートカットを削除。
お気に入りを整理。
デフラグ。
OpenOfficeをダウンロードインストール。
Youtubeをサーフィン。
3199089.jpg
さよならColor
Day Dream Believer
雨上がりの夜空に
パパの歌
あこがれの北朝鮮
君が代
上を向いて歩こう
トカレフ
いけないルージュマジック
Timersのテーマ
Imagine
傘がない




全て忌野清志郎絡み。
なんというポテンシャルの高さだろう。

ただで連れてってくれる
アベックで浜辺にいると拉致して連れてってくれる
予感。
やられたな。

と。

beat.jpg
Earthly Delights/Beat Pharmacy
引越し後初のBookOffで掘り出した。
地味に忘れられないCDになりそうだ。

最近の、というわけでもないエレクトロニカ全開。
akg-k44.jpg
AKG K44
衝動買い。
Thanks MST.
値段の割に、冬季の耳当てがメインの用途の俺には丁度良いかもしれない。
軽い。
装着感も悪くない。
音は、高音が多少シャリシャリするけど、許容範囲。
eminem_show.jpg
絵を描く前や、歌を歌う前は、尖っていないと駄目だ。
Possibilityに向かう時、ipodからおあつらえ向きな曲が流れた。
西だなっていうHIPHOP。
8mileのサントラだった。
買った覚えはないので、Tool'sPCから紛れ込んだのだと思う。
G.J.
そこから今日までEMINEM SHOWエンドレス。

RAPが上手過ぎる。
センセーショナル過ぎた。
俺が、HIPHOPに熱を上げていたころ、最も光って見えた人物。

その後は、JERUだったり、FunkyDLだったり、Cyneだったり、SonicSumを気に入った。
けれど、あんなのは金輪際見られない気がする。
それくらいぶっ飛んでいた。
数が勝負のM〇Pなんて目じゃなかった。
色々な意味でAntiUPだった。
5655517.jpg
Q-Tip振りに音買った。
家に帰るまで聴けないもどかしさを久し振りに思い出した。
今聴いて、飛ばされてる。
激しくではなく、ゆっくりと無重力の空間を移動する感じで飛ばされてる。
roots.jpg
手にしたのは高校の頃。
98年の1st。
翌年出された2ndは数年前に購入した。
Vocalの歌詞の絶妙さに陶酔していたので、2ndの音を前面に押し出し、声を二の次(と言ったら大袈裟か)にした音源はそう好きではない。
ただし、2ndもよくよく聴けば歌詞が良い。

I am standing on the ground and I walk,walk and walk.
Shiny sun,Brighten green Whithout the products of miracle you can't stand there.
So remember the ground your ex-friends when you were kids don't forget it.
Think about thins ground with remembering your partner when you were kids.
You are standing there,too.
Even you are smiling but youdepend on the ground.
Peace is on the earth.
~3.Ground~
何を隠そうホームページの「Dog-R On The Ground」の「On The Ground」はここから取った。

ずっと顔を合わせていなかった 僕の家の前に住む車椅子のお爺さんが
暖かい昼下がり 久し振りに外に出てた 「行ってきます」と言った僕に皺くちゃな喉を指差し
手を横に振った
何回もお辞儀して僕を見送った
六丁目中響き渡る温かい声の持ち主だった

お爺さんは いつもの笑顔も見せずただ僕にお辞儀をするんだ
お爺さんは いつもの笑顔も見せられずただ僕にお辞儀をする
~5.声~
ドラマ。

あの空間の空気の揺れが この空間の空気の揺れに
重なる 大きな波 心に届き 共鳴する

WOODBASS 魅力的なスタイル
~8.WOODBASS~
生活。

こういう自由な発想、自由な創作活動に憧れる。
今も活動しているのだろうか。
気になる。
wrong.jpg
無限の点と有限の線
神聖なる一面を担う
類稀なる質に恵まれ
変幻自在に気を配る

七色放つ雫身に受け
目覚め始める何かに気付く
呼吸を忘れ間に受けるような
わずかに煌くishi(意思?)を見た

感じる全てを信じること

自然体
飾らぬ心
~3.自然体~

心繋ぐ鼓動を数え
永久に眠る本能醒ます
~4.心、そこにあらず~

透き通る水のように緩やかに心触れる
~6.不可思議~

妄想kono-oh-i(この覆い?)脳裏に浮かぶ想像理想をsoite(削いで?)
koutou(?)孤独を堪えこの拳壊す行為誰を救う
遠く留まることも無く唱え続ける時を越え捕われ
meishi(瞑し?)抱くことに心奪われとられる事の確信

空を割く静寂破りうけ
使命を待たずに心見ぬく
誰も強いず誰も生を受けず
空を呼び空を探していく
時に笑い時に立ち止まり誰が為の命と躊躇い
その問い掛けに対する答え
空に宿り空に辿り着く
~11.空~

それぞれ持つ自分の空間
昇華され(消去させ?)表す存在感
途方もなく重たい瞬間
mi-wo-kei-shi-me-su(身を呈して示す?)我が心眼
~wrongside(maxi single)/wrongside/原点回帰~

全体に、歌詞は意味不明。
若しくは分かり易過ぎて苦笑してしまうが、惹きつけられる。
インストではお経らしきものが出て来たり、「神聖」とか「空」とか「醒ます」とかと、仏教や宗教らしき文言・思想が目立つ。
ヒッピーとはまた違うんだろうけど、若い頃多少なりとも興味を示す内容な気がする。
多分彼等はそれを勢いで表現したのだと思う。
俺も学生の頃はそうだった。
下手でもなんでも「これすげぇ好きなんだ」が先行しまくって、空回りしている感じ。
でも、それが良い。
高校からお世話になっている音。
彼等は多分もう解散してるんだろうけど、今何やってるのか気になるバンド。
ハイスタなんかより全然気になる。

音はアジアンヘヴィーグルーブロックミクスチャー+Flowしない韻踏み歌詞+Deth Shout。
hugo.Jpeg
バイブル的バンド、と言うか、人物。
清春。
あなたが居たから俺が居る。

20日の朝聴いていたのはこのアルバム。

一目で分かる愛想笑い
まさか僕がはまらないから
~MASTERBATING SMILE/1~

BABY 使いまわしたセリフ僕に見せてくれないか
そう 化けの皮を被りこよなく騙して欲しい
~SPOON&CAFFEINE/3~

誰の真似より誰の言葉より
疑う事
疑う事
誰の声より誰の夢より
逆らう事
逆らう事
BOY
~少年-screw mix-/6~

僕という人間が作られないのを自覚したい
自分で選び出した 自分で話しかけた
君という人間が作られてるのをぶちまけたい
見苦しくてもそれは正直と言う当たり前の僕さ
~TELL/7~

MARIA 作られた世界を壊して 優しい涙を下さい
MARIA 生まれつき器用になれない 僕のそばにいて下さい
MARIA まだ見ぬすべてに
~MARIA-screw mix-/12~

そんなに話題がないならあんたが作ればいいのさ
~KNEETS TO BREAK/13~

いつ頃のインタビューか正確な記憶はないが、まだ10代の頃だから、DrugTReatmentからCORKSCREWあたりだったと思う。
「よくライブなんかで“頑張って”って言われるんだけど、特別頑張らないよって答える。何故ならいつも頑張ってるから」に痺れた。
屁理屈だというのは、その時にもわかっていたけれど、未だに忘れられない言葉。
あなたの世界が好きで、半ば神格化していて、本当の彼を知りたいとかっていう望みは全くない。
プロのミュージシャンという奴と何か出来るのなら、間違いなく彼を選ぶ。
何故って、絶対に危険で、絶対に楽しいから。
もう10年、そう思ってる。
hmf.jpg
歌詞を全て載せてしまいたいぐらい嵌り過ぎて恐い曲。

「台風が来る頃」ではなく
「台風がいく頃」でもなく
「台風がゆく頃」としたところに非常に好感が持てる。
柔らかい感じ。
日本語を使うのが上手いなと。

君はとっくに知ってたいたよね
戻れない安らぎもあることをAh...

嗚呼。
portishead.jpg
It's only you, who can tell me apart
And it's only you, who can turn my wooden heart
~Only You~

出会ったのは、いつ頃だろうか。
物凄い勢いでCDを買い漁っていた頃だと思うから、少なくとも2~3年前からCD BOXに入っていたはずだが、意識して聴くようになったのはここ1年位。
よくよく意味はわからないが、好きな曲。
10年前の音と思うと切ない。
色々な意味で。

「こんな暗い音楽に歌をのせてくれる人が居るとは思わなかった」
とギターのなんとかがヴォーカルのなんとかとの出会いを語っているらしい。
けっこう居るもんだぜと、今の俺は思える。

scram.jpg
メランコリックな通勤に。
心の震え、揺れに同調するような、そんな感覚が心地よい。
エレクトロはクラブだけではない。
黒いだけがジャズじゃない。
ただただ体を、頭を激しく揺らす音楽があって、吐いて捨てられるような音楽は山ほどあって、誰がやっても出来る音もあって、それでも、吐いて捨てられるのも、何処かで誰かを救ってるんだと思う。
ならば、続けようかとも思う。

sbm1.jpg
Stand by me
「僕をささえてほしい」とも「僕がささえてあげる」とも訳せると聞いた気がしている。
それを聞いたときは面白い言語だなと興味を持ったものだが、今はさっぱり。
からっきし駄目。
英語。

店のお客が外国人の時は、本当に困る。
大抵の場合、なんとかかんとか通じるが疲れる。

Bassを勘で弾いてみた。
音があっているのか、運指があっているのかは定かではない。
明日覚えているかもわからない。
とにかく今は、中指と薬指の先が麻痺。

I won't cry,Iwon't cry
No I wont shed a tear
just as long as you stand
stand by me
hi.jpg
I couldn't imagine the day she world leave my life

Oh god my love is like  icecream
The summer sunshine melth it away
I'm stupid
was it a dream
it's bitter memory summer of love

Not Only love but everything
I do has gone like this(wahy that!?)
so many many many shity things
I don't have the thing
I really love
I say I don't mind
I really just pretend not to care
Life is long so I can't cry all the time

Oh god...
~SUMMER OF LOVE/Hi-Standard~

出たのが13年前。
多分聴いたのは10年位前。
思い出した今。
空で歌える曲がちらほら。
高校の時の記憶力は凄い。
と言いつつ、出来事とかはあんまり覚えてないけど。

しかし、まさかの合致。

02,Lonelyで05,Wait For The Sunで06,Tell Me Sometihing Happy Newsでちょっと10,Selfish Girlで11,I'm Walkin'で12,New Lifeで13,Kiss Me Againで15,Growing Upだ。
03,Summer Of Loveだ。
なんだこりゃで、笑える。
heiritugainen.jpg
本当のことを今よりもっと知りたいだけなんだ
壊し続けるんだおざなりな現状なんて要らないんだ
~ゼロ地点/森広隆~

ハングリーな、エモーショナルな、疾走感。

絶えまなく日々は廻る
水面に今見える道は永久へと続く
また僕らに深く刺さる失ったものその意味さえ
許して包み込んでゆく
恐がらなくていいさ
行こう
~Pebama/森広隆~

しっとりと。

もう今はHIP HOPをあまり聴かなくなってしまったけれど、RAPが出来る様になったのも、この音と出会えたのも、SOUL TRAIN/FM81.3のお陰。
51bVI9KnaML.jpg
4thアルバム
首を振らせてくれと願い購入。
いつもいつもシケシケしていても困ると思い購入。
なかなかメロディアスな印象で聴き易い。
Kornのジョナにも言えることだが、なぜ、この様なデス声の持ち主がこのメロディーを歌い切れるのか、未だに謎。

TKYと繋いだのがWait and Bleed/Slipknotで、1stを買ったのが池袋に勤めていたころだと思うから、少なくとも2年前。
2nd,3rdは買っていない。
買ってもいいんだけど、買っていない。
最近読んでいる本にしても、出会う人にしても、巡り合わせという部分が多大に影響している。
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
My...
Name:
Dog-R
Age:
35
Sex:
男性
Birthday:
1982/03/01
Coments
[08/28 inrgpgtcxl]
[08/27 szbmoukhjj]
[08/27 vqihmoigot]
[08/27 gveaghzvrn]
[08/27 wtbwwgamff]
[08/27 vyxpyqatnz]
[08/27 osukaigpep]
[08/27 miedeqldsf]
[08/27 osxxdtikra]
[08/27 gsrfmzgbyx]
New Entries
(03/05)
(02/22)
(02/05)
(01/06)
(12/31)
Mobile
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"Dog-R" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05