忍者ブログ
~青二才徒然~コメント時PASSは空欄でOK
744  743  742  741  740  739  738  737  736  735  734 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PC

の中を整理していたら、こんなテキストファイルが見つかった。

~以下テキストファイルコピペ~

日本に住んでいた人々が、狩猟を生活の基盤としていたのは縄文時代までだろうか。
それほど博識な方ではないので、間違っていたら申し訳ないが、農耕というのは大陸から伝わったのだと記憶している。

狩猟によって生活を成していた頃は、明日食べるものに困ったはず。
獲物を獲る、木の実を採る等して生活をしていたはず。
その時代と言うのは、列島を騒がすような戦争が無かったのではないだろうか。

農耕を知ったことにより、明日食べるものには困らなくなったのだろうが、そこで貧富の差が生まれたのだと思う。
貧富の差は、欲を生む。
もっと裕福に、もっと幸せに(ここでは物質的充足が幸せか否かという議論は無視する)。
そして、農耕と共に輸入されたのが、戦の仕方ではないだろうか。

現在では、食料の安定供給により餓死すべき者が生き残り、医療の発達により病死する者が生き残るという世界にになった。

結果として、地球人口の爆発的な増加が起こってる。

そこにこそ問題がある。

ヒューマニズムを叫ぶ者は、世界には餓えて死ぬ者が居ると訴えては、アフリカ大陸等で農耕や医療・経済社会を広めようと活動を続ける。

その殆どは、欧米資本によるものだろう。
いずれ、資本の引き上げや吸い上げに移るような気がしてならない。
中には私財を投げ打ってまで行動を起こす人も居るのだろうが、救済地の人口が何十億と膨れ上がった場合、生かした責任を持つのは不可能だろう。
カーストの名残を持つインド、治安の安定を見ない南米が良い例ではないか。

グローバリゼーションという言葉が耳慣れてきて数年が経つが、それは、欧米等の世界の極一部の企業や資本家が、世界中から金を吸い上げるための機構ではないだろうか。

対抗する術は、自給自足の可能な土地で、小さな国家(あるいは生活共同体)を作る以外にないのではないかと思う。

~コピペここまで~

作成日は去年の梅雨頃。
多分「5分後の世界」「愛と幻想のファシズム」「人間失格」「ゲバラ日記」辺りの影響だろうと思うが、今の頭の中と大して変わらないところを考えると、こういう考えが頭に染み付いているらしいことに思い当たる。
因みにファイル名は「革命」。
苦笑した。

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
TRACKBACK
TRACKBACK URL  
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
My...
Name:
Dog-R
Age:
35
Sex:
男性
Birthday:
1982/03/01
Coments
[08/28 inrgpgtcxl]
[08/27 szbmoukhjj]
[08/27 vqihmoigot]
[08/27 gveaghzvrn]
[08/27 wtbwwgamff]
[08/27 vyxpyqatnz]
[08/27 osukaigpep]
[08/27 miedeqldsf]
[08/27 osxxdtikra]
[08/27 gsrfmzgbyx]
New Entries
(03/05)
(02/22)
(02/05)
(01/06)
(12/31)
Mobile
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"Dog-R" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01